人気デブ専出会いアプリ

大人気!デブ専出会いアプリ


ぽっちゃりブームですね!

「ぽっちゃり女子」「デブ専・ミケ専男子」のための出会いアプリを大紹介!


PC☆MAX【18禁】(登録無料)

ミケ専・デブ専男性に朗報です!

ついにぽっちゃり女性と出会えるアプリが登場!

いろんな出会いアプリはありますが、ぽっちゃり女性と出会える出会いアプリは今まで無かったんです。

そこに目を付けたのが、「PC☆MAX」の「ぽっちゃりカテゴリー」「グラマーカテゴリー」

カテゴリー創設以来、「ぽっちゃり女性」の登録者が急増中。

デブ専男性よりもぽっちゃり女性の登録がどんどん増えています!

日常では出会えないデブ専・ミケ専男子と簡単にマッチングできるのが人気の秘密!

デブ専男性にとってはもうハーレム。理想のぽっちゃり女性と出会う近道です!

簡単無料登録はこちら!
PC☆MAX 公式サイト
(18歳未満利用禁止)



ポチャプラス(登録無料)

人気のぽっちゃり女性とデブ専男性が集まる出会いSNS!

新しい出会いSNSですが、ブームの波にのって太った女性の登録者が増えてます。

完全にぽっちゃり専門のSNSなので、ぽちゃ女性から男性へのメール返信率はかなり高いです!

2019年10月時点では、女性の登録者の方が多い状態です。太目の女性が好みの男性が登録すればモテ期到来!

33歳Fカップ豊満女性との出会い体験

私は44歳のごくごく普通の中年男。

 

 

いくら歳をとっても性欲だけは昔と変わらず、それどころか一度抜きたいと思ってしまうとそれを抑えつけるのは至難のワザ…。

 

 

てなワケで今日も出会い系サイトにアクセスしてお相手して頂けるお姫様を物色中。

 

 

その時大きな胸の谷間だけをアップした画像を見つけた。

 

 

なかなか見事な谷間!!巨乳好きとしてはたまらないものがある。名前はキャサリン30歳。

 

 

しかしながらこのような画像をアップしているものはPG(ポイントゲッター)等の冷やかしが多いのも事実である。

 

 

だが見事なブツに興奮気味の私は多少の野次馬根性もありこんにちは。立派なモノをお持ちですね!今から会えませんか?とメールしてみる。

 

 

9割方返事は期待していない。

 

 

残り1割はまさか!という気持ちもあるのだが‥。

 

 

すると何と10分程で返事が来て30分後に○○○の3F立体駐車場で会えませんか?

 

 

ただ私彼氏いるので入れる事は出来ないので口でもよければお願いします。

 

 

完全にこちらの意図を理解しているようだ。

 

 

しかも残り1割のまさか!の期待がフツフツと湧き上がってきた私は自らの興奮を抑えながらそこなら30分以内で行けます!

 

 

服装教えて下さい。と送信するとすぐに

 

 

 

上は白いジャンパーに下は黒のスカートです。

 

 

そちらの車種教えてもらっていいですか?

 

 

 

私は車種を知らせ待ち合わせ場所へ急行!

 

 

待ち合わせ場所の○○○はパチンコ店や映画館等が入る複合商業施設の立体駐車場。

 

 

約束通りそこの3Fに車を停めキャサリンの姿を探していると一台一台車を探している30代位の女性の姿が目に入った。

 

 

髪型はショートボブ。

 

 

白いジャンパーを羽織り黒のタイトスカートにストッキング。

 

 

間違いない!!キャサリンだ!!

 

 

そう確信した私は車を降り女性に向かって大きく手を振った。

 

 

それに気づいた女性は口元に笑みを浮かべながら会釈をしてこちらへ近づいてきた。

 

 

はじめまして。キャサリンさんですよね?

 

 

私が聞くとはい!宜しくお願いします。

 

 

と自身がキャサリンてある事を認めた。

 

 

年齢にして30代前半。

 

 

水森かおり似の豊満な感じ。

 

 

現に服の上からでもハッキリわかる胸の膨らみと黒いストッキングの上からでもわかる適度な太さの太ももは確実に私の性欲を刺激してくる。

 

 

早速私は近くのラブホへ車を走らせる。

 

 

部屋へ着きシャワーを浴びるため互いに全裸になる。

 

 

サイトの画像そのままのボリュームのある巨乳と少し開き気味のアソコを目の当たりにして私のペニスはフルエレクト状態で我慢汁がダラダラと出てしまっている。

 

ふたりでシャワーを浴びているとキャサリンは何歳ですか?と聞いてきた。

 

 

44だよと答えると、じゃあサイトのプロフ通りなんですねと言った。

 

 

逆に私はキャサリンに貴女は何歳なの?

 

 

と聞いて見るとサイトの年齢+3ですと答えた。

 

 

じゃあ33!!

 

 

私は興奮のあまりいい!いい!まさに女盛りじゃん!!大当りだ!!と言うとありがとうございますと言って微笑んでくれた。

 

 

シャワーを浴び終えると私は彼女をベッドに押し倒し激しくDキスを仕掛けるとキチンとそれに応えてくれる。

 

 

お互いの舌が絡み合いクチュクチュ音を上げる。

 

 

私は彼女の乳房に手を当て揉んでいくがボリュームがありなかなか揉みほぐせない。

 

 

大きいね。何カップ?思わず聞いてみたくなる。

 

 

喘ぎながらそう答える。

 

 

両手で両乳房を揉みながら乳首を愛撫するとその喘ぎ声は更に大きくなってきた。

 

 

私は満を持してアソコへと手を伸ばすともうこれ以上ない程ヌレヌレの状態になっている。

 

 

挿入はなしとのことなので早速クンニで攻める。

 

 

愛液を取り除くように愛撫しコリコリとしたクリトリスは更に入念に舌を当て攻めていく。

 

 

キャサリンは腰をくねらせアンッアンッ!と大きく悶えながら私の髪を引っ張ってきた。

 

 

確実に効いていると確信した私は両手を伸ばして乳房を揉みながらなおも突起したクリトリスを舌で強めに攻め立てる。

 

 

するとキャサリンは悶ながら小刻みに震えだした。

 

 

もはやイクのも時間の問題であろう。

 

 

そして案の定それから間もなく大きな声でイキそう…イクッ!イクッ!と腰を引いて動かなくなってしまった。

 

 

 

大丈夫?気持ち良かった?良かった…。でも入れるのはなしですよ?

 

わかってるよ。私がそう言うとキャサリンは起き上がり私のカチカチになった

 

ペニスをフェラしてくれる。

 

 

私は右手で彼女の頭を撫でながら左手でお尻を撫で回しそれを味わう。

 

 

動きは少し遅めではあるものの根本から先っぽまでねっとりとした。攻めはなかなか気持ち良い。

 

興奮してきて撫で回していた左手を割れ目に持っていき

 

指を滑り込ませるとまだかなり濡れているのでワザとキャサリンにも聞こえるようにクチュクチュ音を立ててみた。

 

 

すると僅かながら反応が見られたものの彼女は、口の動きを早めてきて完全にイカせに掛かっているのがわかる。

 

 

あまりの気持ち良さにこちらにも小刻みな震えが襲ってきた。

 

 

もう限界がすぐそこだ。そして絶頂を迎えようとした私はキャサリンにイクよ?イクよ?

 

 

彼女はその声を無視して更に高速に攻め立てる。

 

 

そしての声と共にキャサリンの口へ大量放出となった。

 

 

終わった後キャサリンへ最高気持ち良かった!またお願い出来るかな?

 

 

とお願いしてみるといいですよ。こんな感じで私でよければと笑顔で言ってくれお互いの連絡先を交換して別れたのだが

 

この時以降音信不通になってしまいキャサリンはサイトからも姿を消した…。